生命保険に入っておくことで、事故や病気などで死亡したときに保険金が支払われます。
残された家族は保険金を受け取ることで経済的な回復を図ることができます。
一家の主を失った家庭にとって、精神的なショックは大変なものです。
経済的にも困窮することになるため、生命保険でせめてか経済的な部分はカバーされるように保険というのもがあります。

どのくらいの保障に入っておくのか迷うところですが、
これは保険を販売している営業に相談することで、ある程度の考え方を教えてもらうことができます。

ただ、営業が売りたい内容になっている危険があるので注意しましょう。
営業によって準備する保険の内容や保険料が違うということがあるはずです。

相手だって商売として保険の営業をやっているので仕方ない部分もありますが、
できるだけ複数の相談窓口で聞いてみることが重要になってくるでしょう。

保険を売ってナンボの世界のため、保障を薄くする提案はされないかもしれません。

 

生命保険の考え方

生命保険はもしものために入るため、余計に入ることは無駄になります。
ほとんどの人が多額の生命保険は受け取りません。
終身保険など一生涯の保障でないかぎり、受け取ることは無いと思って入るべきです。
そのため合理的な内容で入っておきたいところです。

合理的な保障とは

保障の対象となる被保険者の家族構成、現在の住まい状況によって必要額は違ってきます。
たとえば、小さな子供がいるなら子供が成人するまでにかかってくるお金を考慮することになります。

子供の教育費等を全額保険でカバーする必要はありません。
遺族年金という制度があるため残された家族には一定の補償がなされるからです。

こういった個々の状況をきちんと把握・理解したうえで必要な保険を決めることが求められます。

投稿日:

Copyright© 保険を一刀両断 , 2020 AllRights Reserved.